オルツのデータ入力・データ加工とは?

スタンダードからオンリーワンなデータ入力

私達は、お客様の紙やスキャンデータをお客様のニーズに合わせてテキストから高度(複雑)な表作成まで利便性高くデータ化します。

正確な入力、美しいレイアウト、緻密な校正技術、それがオルツの標準機能です。

お客様の細かい要望に合わせ、オルツ国内外の拠点と連携した最適なデータ入力を行います。
「痒いところに手が届く」、それが私たちの
オルツスタンダードです。

オルツデータエントリ・データ加工の技術

多様な入力方式と高い品質を誇る入力(エントリ)

多様な入力方式と高い品質を誇る入力(エントリ)

不可視化作業

不可視化作業

膨大量のWordデータなどの整形・整理・構造化の統一化加工

膨大量のWordデータなどの整形・整理・構造化の統一化加工

オルツデータエントリのこだわり

納期遵守・低コスト高

納期遵守・低コスト

高セキュリティ

高セキュリティ

主なサービス内容

詳細は随時更新予定です。サービスについて詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせ下さい。

活字・手書原稿のテキスト化

活字・手書原稿のテキスト化

手書きの紙原稿やスキャン原稿など、お手元の各種原稿を、テキスト化します。

Wordによる表作成

Wordによる表作成

お手元の表形式の原稿をデータ化したい。→原寸や指定サイズなどを承り、Wordで表作成します。

マークアップ言語

マークアップ言語

入力から、またはご提供のテキストに、html、XMLのタグ入れをします。

アンケート入力

アンケート入力

シングルアンサー、フリーアンサー、手書きのアンケートなど、回答の内容をテキスト化します。

文字・体裁校正、画面校正

文字・体裁校正、画面校正

活字や手書原稿を元に校正刷りで文字や体裁をチェック、入稿時データと作成データを画面上で比較します。

画像切り抜き

画像切り抜き

組版用、web用に原稿から画像を切り抜き、ご指定の解像度や拡張子でデータ化します。

作業拠点

中心となる作業拠点は、国内と中国東北三省としています。

国内外における人員数
▼国内拠点
計 約110名
(グループ会社・資本関係がある会社合計)

▼中国東北三省拠点
計 約260名
(資本関係がある会社合計)

海外データエントリの特徴

ご利用の流れ

ご予算・品質・納期など、お客様のニーズに応じて、どのようなデータ入力を採用し、また、どう組み合わせるか。
最適な方法を設計・検討し、ご提案いたします。

1.お問い合わせ

データ入力に関するお問い合わせは、お気軽にホームページのお問合せフォームからお送りください。様々なご要望・ご希望も受け付けております。

お問い合わせは、お電話でも受け付けております。⇒026-228-5581(平日10時~17時)

2.お見積り

お客様から頂いたお問い合わせやご相談をもとに、スタッフが、概算のお見積りやサービス内容などをご提示・ご案内させていただきます。

3.ご契約

業務のお取引につきましては、取引基本契約や個人情報委託に関する覚書などを結ばせていただきます。

なお、ご契約の内容・条件によりましては、データ入力作業を行う前にご請求、およびお支払いをいただく場合があります。詳しくは、お気軽にお問い合わせください。

4.原本お預かり

データ入力の元になる原本(アンケート用紙・名刺・各種応募ハガキなど)をお預かりします。

なお、お預かりした原本は、原則としてご返却いたしますが、お客様のご要望に応じて、裁断や溶解などの破棄処分を、有償にて承ることもできます。お気軽にお問い合わせください。

5.正式お見積もり

ご提示いただいた原本の数量や状態などを確認の上、サービス内容(仕様)をご説明し、正式なお見積りをご案内いたします。

6.データエントリ・加工

お客様とお打合せしたサービス内容(仕様)にもとづき、データ入力作業を行います。

7.納品

複数のチェックおよび検品を行い、お客様ご指定の形式でデータを納品させていただきます。

よくあるご質問

こちらに無いご回答はお電話かお問い合わせフォームにてお気軽にお問い合わせください。

Q1個人情報に関してはどのように扱っているのでしょうか?

A1個人情報の取り扱いや守秘義務に関しては極めて慎重に行っております。また、必要に応じて当社とお客様との間では、個人情報の取扱に関する覚書を交わさせていただいておりますので、ご安心してお任せ下さい。
Q2入力ミスなどはどのように防いでいるのでしょうか?

A2はい、弊社の入力システムは、入力作業員を2つのグループに分け、それぞれのグループで同じデータを入力します。できあがった2つのデータは、ベリファイ作業によって、データの相違がないか確認いたします。万が一相違があった場合は、ベリファイ担当者が原本と照らし合わせを行い、正しいデータに修正いたします。
2つのデータが合致するまで行いますので常に高い精度にて納品させていただいております。
Q3手書きの原稿などの場合、判読が難しい文字や、パソコンで表示できない文字はどのように対応していただけるのでしょうか?

A3はい、通常パソコン上にて表示できない文字、記号に関しましては「〓」を代用させていただいております。しかし、原本上に「〓」が使われている 場合などは他の文字を代用いたします。担当営業アドバイザーとお打合せの際にご指定ください。
Q4データ入力を依頼するためには、何が必要になりますか?

A4事前に仕様の確認が必要になります。仕様については問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。
Q5お見積もりをお願いするにはどのようにすれば宜しいでしょうか?

A5お見積もりに際しては実際の原本を拝見させて頂く事が必要となる場合がございます。
ご相談の上、正式なお見積書でご返答致します。
また枚数や納期などの変更は再見積もりが必要な場合がございます。電話によるお見積もりや原本が確認出来ない場合等でのお見積もりは、仮見積もりとしてご返答する場合もございます。予めご了承のほど宜しくお願い致します。この他詳細につきましては、メールやお電話にてお問い合わせ下さい。

事例(国内)

事例1 法律、条令関連

  • 修正の入った原稿のテキスト化

  •  活字や手書き原稿のテキスト化

  • Wordによる表作成
法令・条例関連1
法令・条例関連2

事例2 裁判関連

  • 法曹文章のテキスト化

  • 指定情報を抜き出してテキスト化

裁判関連事例